練馬広報映像サプライ 代表 持田孝介「プロになるというのは周りに望まれてなって、周りがプロにさせていく。」

 

事業内容紹介

仕事は主に映像制作とウェブ製作を行っていて、映像制作に関してはYOUTUBEのチャンネル用などのWEB用の映像を主に制作しています。他には企業のウェブCM用の映像、そして結婚式のスライドショーなど、ハイエンドからエンドユーザーまでサービスの提供をしています。

 

映像との関わりが必ずでてくる仕事

音響の専門学校に行っていたんですよ。そこでレコーディングの勉強をしていたのだけど、音楽系、レコーディングって就職がないんです。だからMAと言って、映像に音をつけるミキサーの専攻をしてそのままTBSの子会社に入社して1年くらいMAミキサーをやりました。その時に映像畑に入って、ESPという俳優の養成所で広報の仕事に転職しました。俳優の養成所の隣には同じ系列の映像制作の学校があってそこの仕事もやったりしました。その頃からもずっと映像の仕事に携わっていましたが、その後にパソコン教室の先生に転職。そこはパソコン教室の先生だから映像関係ないと思うでしょ? 1年くらいパソコン教室で教室長として働いていたのだけれど、そこのパソコン教室ってeラーニングなの。そこで教材映像の企画を上の人に言ったら通ってしまって教材開発部に回されて、そこで台本を書いたり、どうすればもっと上手く伝わるか考えたりしながら映像制作の仕事をするようになりました。

 

お小遣いみたいな感覚で事業開始

パソコン教室をしていた頃に中学校の時の友達からいきなり電話がきて、今まで全然連絡をとっていなかったから、”ちょっと危ない壺売り系かな”って頭をよぎったけれど、とりあえず話を聞こうと思ったんです。そしたら「友達の結婚式が近々あって、そのための映像を作りたくて、モッチーならできると思った」って言われたの。その人とは全然連絡とりあってないのに。風の噂なのか知らないんだけれど、そういうお願いをされて、結構な大作、今考えればあんまりな映像なんだけど、当時にしてみれば限られた機材で映像を作って、ノーギャラだったんだけれど、その時にふと”映像を作ることから逃げられないんだな”って思った。僕、映像を作るという仕事から逃れたとしても絶対に映像制作の仕事に方向修正されてしまっていたの。周りの方々に。だからもう、それでいくしかないのかなって感じました。転機として、会社を立ち上げようと持ちかけられたことがあって、出資をしてくれる人を見つけたりとか準備をしていた。でも上手くいかなくて全部だめになっちゃったら、やること(仕事が)なくなっちゃった。会社を辞めているし、会社の立ち上げは失敗したし、当時は今の妻と同棲していたから流石に無職というのはないじゃない? 会社の立ち上げを今回は駄目だったけど、何年後かにまたやるかもしれないという話もあって、会社員になることもできなかった。そこで”映像から逃れられないんだったら、お小遣い稼ぎみたいな感覚で、映像制作をやってみようかな”と思った。個人事業というよりはフリーでやっちゃって、10万円とか稼げたら良いかなっていう、本当にそんな甘い考え。”よし、起業だ!”とかじゃない。思いつきだった。そんな感じで2012年、29歳の時に「練馬広報映像サプライ」という事業を始めました。

 

その事業が一目でわかる会社名の思い入れと由来

会社名をつけるのに思い入れとかは特になかったです。僕なんかはっきり言って無名だから、フリーでやっているとか言っているけど、実際にフリーになる人って業界に名が売れている人ととかだったら仕事がくるけど、僕は世間様からみれば”なんだおまえ”みたいなそんなやつなんです。だから、凄く甘い考えだった割に、広報とかはしっかりしようと思っていました。自分も俳優養成所の広報をしていたから集客がどんだけ厳しいかはわかっている。だからホームページを作って宣伝するという王道で、SEOのことを考えるとカッコイイ名前をつけてもウチなんか見向きもされないなと思った。だったらSEO対策で会社名を打っておけばすぐに引っかかるみたいなものが良かった。ウチはウェブサイトと映像だったから、”広報””映像”とやっておけば良いか。そして拠点が練馬。”練馬”って検索してみたら映像のライバル会社が少なかった。だから”練馬””映像”と検索したら絶対にウチに来ると思った。そして広報が目的だから”広報”もつけた。でも”練馬広報映像”って漢字だけだとなぁ・・・と思って、ぱっと手元をみたら”サンワサプライ”って書いてあったの。サンワサプライって面白い響きだと感じてさ、すぐにサプライって調べたら”提供する”っていう意味だったの。おお!これ良いじゃんと決めたの。練馬には3年くらい住んでいたから練馬でやろうと単純に思ったんだけれど、ウェブ制作ではライバルが沢山いた。ウェブ制作での集客は勝てる気はしなかったけど、映像をフックにしていけばウェブ制作の受注も出来るというかなり安易な考えもありました。今はさすがに思い入れは多少なりともありますけどね(笑)

 

「練馬広報映像サプライ」です

会社名で何をしているかわかるのは良いんだけど、お客様が覚えられないんだよね。企業さんに電話するときに”練馬広報映像サプライの持田です”って言ったら必ず「もう一回おっしゃって下さい」と言われる。そしてまた「練馬広報映像サプライ」ですって言って、「少々お待ちください」って取り次ぐけど、絶対に電話の向こうで「練馬広報映像サプライの持田さんからです」って言ってないよね(笑)あとは”練馬広報サプライ”とか”練馬サプライ”とか、映像がメインでやっているのになんで映像が抜けちゃうんだって思う時もある。お客様にはご迷惑をおかけしています。

 

 

仕事をしていてつらかったこと

つらいこと・・・。朝起きるのはつらいかな。なんて言うのかな。朝10時に出勤をして、夜7時まで働くちゃいけないという働きかたが、僕の体には合わない。僕には出来ない。それが嫌だなと思っていたから、事業をやりたいなと思っていたのはあるかもしれない。もちろん今となって考えてみれば。世の中って10時から19時まで働くというのが出来ないと社会不適合者だってなっちゃうじゃない。今は経営が成り立っているから、僕も社会人として認められているけど、こういう働き方もあるんじゃないかな。もっと社会にもそういう働き方が浸透したらいいなって思う。今の働き方は最高だなって思う。だから今はつらいということは無い。大変なこともあるんだけれど、大変というだけ。つらいっていうことはない。やりたくないと思ったことは一回もない。だからストレスもないです。それは言い過ぎかも(笑)

 

今まででもっとも大変だったこと

締め切りに間に合わないときは泊まりこんでとか。一回あったのは、大作の映像を作っていて4日間連続で1日1時間の睡眠だった。1時間なかったかもしれない。その時はほとんど寝ないで編集をして、そして寝ないまま大阪まで行って納品をして帰ってきたのが一番大変だった。笑ったのは、4日目に血尿が出た。でもそれをつらいとは思わなかった。当時は事務所をもってなくて家でやっていたのね。従業員もいなかったから。妻はこんな世界なんだなって実感したと思う。家だから休む時はベッドで寝れて良かったから、事務所にもソファーを置いてあげて休められるようにしたほうがいいかもと思うんだけど、基本的に定時に家に帰れるような締め切りの設定にしている。これが崩れると良くない。たまには逃れられない時もあるんでしょうけどね。話がズレたけど、つらいとか、朝起きて今日仕事行きたくないなってときはない。それがない。これは幸せだよね。すごく幸せだなぁって自分でも思う。毎日働くけど休みたいと思ったこともないね。ゲームしたいなって時はあるけど、その時はゲームすればいいと思っている。それは休むと言うよりは投資だからね!映像を作るための。うちの妻にも「仕事の参考になるから」みたいなことを言ってだます(笑)

 

趣味や勉強としての映画は?

映画は行かないですね。というか行けないんです。映画って上映時間があってその時間にいかないといけないというのがあるじゃないですか。でも本当に観たい映画だったら観に行く。この間でいうとジブリの”風立ちぬ”とかだったら“観とかないと“と。作っている人の全然モチベーションが違うじゃない。ああいうのだと映像を作っている1人としては観に行かないとですよね。”風立ちぬ“は面白かった。面白かった本当に凄い。今度のかぐや姫も観たいなと思ってます。

 

映像制作という事業をして良かったこと

近江商人の三方良しという言葉があるよね。”売り手よし”、”買い手よし”、”世間よし”という言葉。作る方だと作るのが楽しい人が映像制作をやっているわけじゃないですか。だからそんなに嫌な仕事ではないと思う。製作に関してマンネリ化することはあると思うんだけど。買い手もね、うちは営業しないでホームページの広報だけ。だから買い手というか需要も今増えていて、広報には映像が欠かせなくなってきている。良く「ビデオも安いし、編集用のソフトも沢山ある」とか言われるけれど、映像の力の入れ具合が甘く、見るに堪えないと思われたらユーザーも離れていっちゃうからある程度の質が必要になってくる。だからそれなりの機材を使って良い映像作品を作れば買い手は満足できるし、売り手も感謝される。”世間良し”としては一応僕も経営をしていて税金のこともきちんとやっているつもりだから日本のことを考える。日本経済がどうなっていき自分が何ができるのかという。あとは雇用も少しだけど貢献しているつもりです。

 

 

 

映像制作が世の中に浸透していくように

ウチの会社はどれだけコストカットをして安く提供できるかっていうのがあって、デフレの片棒を担いでいる部分も正直ある。だから正直言うと、僕の事業を批判してくる人もいっぱいいます。「日本や世間のことを考えているなら業界で飛び抜けたことをするな」と。映像って未だに何十万かかるという世界だけど、僕としては今の時代50万とか60万とかかけてYOUTUBEの映像を作る時代ではないと思う。いち企業やいち個人が映像制作業者にお金を払って映像を作ってもらうという感覚がなかった。値段が高いイメージと職人みたいな怖いイメージがあるんだと思います。映像制作の依頼は高そうだなと思うところを”こんな値段でできるの!?” という驚きを与えて、”映像制作って業者に頼んだほうが良い物できるし効果もあるよね”というのが常識だという世の中になれば良いなというコンセプトで今やっています。僕みたいに安くやるというところはいっぱいあると思うんだけれど、映像制作業者は上手く世の中に出せてないと思う。映像の人って映像を作ることに集中して、クリエイター感覚になっちゃっていると思う。ウチは方針としては皆誰一人クリエイターと思うなとは言っている。だから礼儀やビジネスマナーにはかなり厳しく言っているかも。うちの従業員には、そのお客さんのやりたいこととか意図を読み取って映像を作るようにしなさい。僕達が作るんじゃなくてお客さんの代わりになって作ってあげるというホスピタリティがないとウチの事業は絶対うまくいかないと思っています。

 

 

思いつきで始まって良いんじゃないか

三方良しとか偉そうなこと言っているけど、思いつきだからね。思いつきで始まって、思いつきでこうしたほうが良いんじゃないかなって思ってやっていたから、事業計画としてそういうのを作ろうと思ったわけじゃなくて、なんとなくやっているうちに値段設定が見えてきて、お客さんがついてきて、なんでついてきたんだろうなと考えた時に、そのコンセプトにしようと思っただけなんだよね。だから成り行きなんです。とりあえず考える前に行動するというのはありだと思います。走り始めて問題が起きたら修正していけばいいという考えです。ただその走りには、相当なダッシュと戦略が求められるけど。事業というか、映像制作業界の未来としてはウチみたいなシステムが日本全国に広がればいいなと思う。将来的には大阪の方に支店を出したりとかはしたいなと思う。こう言うと「会社を大きくしたいのか」とよく聞かれるんだけど、全くそういう感覚じゃない。大阪の人がウチを使いたいと思ったときに、拠点が東京だから撮影に行きにくいでしょ。大阪で撮影をしてくださいという依頼があるんだけど物理的な距離があって行きにくい。その際に支店があって仕事ができればいいなと思う程度で、大きくするとかお金儲けとかを意識しているわけではないよ。今の年収で凄く満足しているし、これ以上お金をもらっても社員に還元してあげたほうがいいと思う。

 

小さく稼げれば良いというのとは違う

僕は、自分自身の生活も豊かにしたいし、出世というか、世の中に自分の事業コンセプトを広めたいとは思っている。そうすれば会社も個人も良くなっていくと思うから。今流行のプア充っていうのをこの間WEBで見たんですけど、安い給料で牛丼とか漫画喫茶いってそれだけで人生満足ですとか出世を望みませんとかってやつ。若い人はプア充で満足するという傾向はやめたほうがいいと思う。一旗あげたいとか、偉くなりたいとかそういう気持ちっていうのは大切じゃないかなと。この間テレビで、お金儲けをする人は日本だと悪者になるという話をしていたの。僕はね、それは違うんじゃないかと思う。もちろん悪いことをしてお金を儲けちゃいけない。それは人間の倫理として駄目なんだけど、正当な理由と手段でビジネスとしてやって、お金を稼ぐと。それこそ飲食店とかいっぱい経営している人とかいるじゃない。それで何億年商がありますというのは当然じゃないですか。それだけで迷惑をかけているわけじゃない。ただ単に社長の人間性が良くないからなんとなく嫌われてしまって、皆に稼いでいることも睨まれるという傾向があれば、それはよくないと思う。極論を言ってしまえば、CGとかバンバン使えるようなもっと高級な映像をみんなが利用できるようになるための、ステップアップの踏み台でウチは良いと思うの。ウチは質より量で稼がないといけないというのがあるからね。警察に例えると犯罪がなくなれば警察は必要なくなっていい世の中じゃないですか。それと似たようなもので凄い映像じゃないと満足できないという世の中になってウチが潰れるときが凄く良い状況なのかもしれない。そういう世の中を、日本人の特に若者はつくっていく必要があると思います。

 

座右の銘は”超二流になる”

常に念頭に置いて仕事をしている言葉が、”一流になりたくないのではなくて、一流になんかなれない” と思っている。出世とか考えた時にもっと僕より才能がある映像クリエイターだったり、映像プロデューサーだったり、自分より仕事できる人なんて山ほどいると思う。そういう中で一流になって仕事の内容で競っていこうというよりは、”日本に貢献したい” というような想いで仕事をしていけたらいいかなと思っていて。一流になれる人はそれで良いんだけれど、たいていの人は才能なんてないから。だから一流を目指すというよりは、皆に頭を下げて、”よろしくお願いします” という謙虚な気持ちを持って働いて、自分の長所を活かしながらとことん伸ばして、「その長所だけは人には負けないよう」と言い切れる、そんな超二流になろうといつも思っている。一流だと一流の状態を長続きさせるのは難しいと思うのね。でも二流の状態を維持するのは、一流の方と同じように自分の信念で行動をおこせるから、人の信頼とか、仕事はなくなることはないと思います。あ、僕ができているかどうかは別のお話(笑)

 

人に望まれた仕事をするのが成功の近道

やりたいからお笑い芸人になったり、起業したりする人っているわけじゃないですか。それってプロとしてお金をいただくような状態になりたいということだと思うのね。そのプロになるというのは周りに望まれてなって、周りがプロにさせていく。なので、周りから”これをやってよ”というものに対して突き詰めていくというのが起業とか成功への一番の近道だと思います。変なこだわりとかは一流の才能を持っている人しか持ったらダメ。特に僕は世間の人が驚愕するような凄い映像を作っているわけじゃない。でもお客様は”人よりは良い映像を作っているから、お金を払ってあげるよ”というそういう感覚だと思う。例えば僕が鞄職人になりたいと言って、イチからやるとする。絶対今みたいになってないと思う。映像をやってくださいと言われていたから映像の仕事を立ち上げて、今ある程度経営が成り立ちましたというのは凄く必然だと思う。だから最初から不安もなかった。事業をやるといって元手がかかるわけで、いきなり何百万飛ぶわけじゃないですか。でもウチの妻は何も言わなかった。結婚をするという話に当時もなっていたんだけれど、何も言わなかったし、妻の両親からは「どうするんだ」とは言われたけど、それでも「やめなさい」とは言われなかった。みんなに望まれてなったんだから、うまくいくだろうと思ったのかな。だからこそ起業したい人は何か周りに認められるものというのを探していくのが成功の近道なんじゃないかと思います。

 

 

今やれることをとりあえずやってみよう

いろんな所で働いていろんな経験を積むというのはすごい大切なことだと思う。ブラック企業という言葉がありますよね。人をこき使って働かせて、違法だったりして、もちろんそういうのを肯定するわけじゃないけど、そのブラック企業で1年間働くと色々なものが見えるんだと思う。俗にいう、就職活動に失敗して自殺するというのは本当にもったいない。それこそ、人生にニート期間があっても良いんじゃないかと思う。良い大学にいって大手企業に勤めてというレールはもう崩れていると思います。会社って意外に簡単にクビにできるし。大企業にいっても心の病気になっちゃったりするひともいるじゃない。首にされるかもわからない。先のことはどうなるかわからない。それはそれでいいと思う。とりあえず今やるべきことを全力でやってみるのが大事。働いたところが服屋さんでした。自分は服は興味ないけどやってみたらイイネって言われた。そういうことがあるかもしれないじゃないですか。全力でやってみて駄目だったら辞めればいいんだから。あんまり深く考えないでとりあえず全力で行動するというところを若い人にはもうちょっとやってみて欲しい。それで、思わぬところで成功するってことの方が多いと思います。今僕も十分若いですから、全力で、気分が乗らない時は手を抜いてやっていきたいと思います(笑)

 

 

名前:持田孝介(モチダコウスケ)

昭和58年8月13日生まれ

出身地:埼玉県川口市

ホームページ:http://nerima-pp-supply.com/

2013年11月24日 タグ: , , ,